オペを支える外回り看護師

看護師の仕事は、同じ病院に勤務していても様々な仕事があります。そのため、キャリアアップをしたいと考えている方は幅広く仕事を見直し、検討していくことも大切です。中には、手術室で活躍している看護師の方も多いんですよ。手術室というと「抵抗がある」という方もいると思いますが、外回り看護師であれば今までの経験を生かすことも出来ますよ。

外回り看護師というと、「何をするのだろう?」と思われる方も多いと思います。外回り看護師の主な仕事は、術前の患者さんのケアを行ったり、手術中に不足しそうな薬剤や器械の準備など、手術室全体のサポートを行います。手術前の患者さんは不安でいっぱいですから、手術前にこの不安を出来るだけなくしてあげることは大切な仕事です。手術中には、バイタルチェックや出血量などをチェックしていくことも必要となります。出血が多い場合には、医師に伝え、対応を仰ぐことになります。
看護記録を作成することも、大切な仕事です。看護記録によって今後の看護の仕方も左右されることになりますから、記載漏れが無いようにしっかりと作成しておくことが大切です。手術が終われば、器具やガーゼの数が間違っていないかも確認します。医療事故を防ぐためにこれは大切な確認となりますから、責任を持ってこなすことが求められます。

このように、看護師の中にはオペで活躍している外回り看護師という存在もあります。外回り看護師は、病棟看護師と比べると責任も大きいですし、常に緊張感を持って仕事をすることになりますから、メンタル面も強くなければ務まらないでしょう。患者さん、患者さん家族とも密に接することになりますから、コミュニケーション能力も問われる仕事です。オペ室看護師の仕事内容や必要なスキルについて、より詳しく知りたい方はこちらのサイトをチェックされてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です